潟上市、帯状疱疹ワクチン費用を助成へ 議会で市長方針

会員向け記事

 秋田県潟上市議会が7日開かれ、一般質問で鈴木雄大市長は、帯状に赤い斑点や小さな水疱(すいほう)ができる帯状疱疹(ほうしん)の予防ワクチン接種費用を助成する考えを明らかにした。来年度から実施する方針。

 帯状疱疹は過去に水痘(水ぼうそう)に感染したことがある人が、加齢などの免疫力低下によって発症する皮膚病の一つ。激しい痛みを伴う場合があり、ワクチン接種が予防や重症化に効果があるとされている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース