五輪、2大会同時決定なら任期中 30、34年五輪でバッハ会長

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は7日、スイスのローザンヌで終えた理事会後に記者会見し、札幌市が招致を目指す2030年冬季五輪と34年大会の開催地を同時決定する場合は自らの任期が満了する25年までに判断する考えを明らかにした。

 同時決定の選択肢は6日に議論したが、結論は出なかった。同会長は「26年の同時決定では遅過ぎる。(30年五輪までの準備が)4年間は短い」と話した。IOCは、温暖化による気候変動などへの対応策協議を理由に30年大会の開催地決定を来秋から無期限で先送りした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。