阪神・青柳、倍増の2億4千万円 8年目へ「目標は15勝」

※写真クリックで拡大表示します
契約更改交渉の記者会見を終え、来季の背番号17でポーズをとる阪神・青柳晃洋投手=8日、兵庫県西宮市
契約更改交渉の記者会見を終え、来季の背番号17でポーズをとる阪神・青柳晃洋投手=8日、兵庫県西宮市

 阪神の青柳晃洋投手が8日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約交渉し、倍増となる推定年俸2億4千万円で更改した。今季は2年連続の最多勝と勝率第1位に加え、自身初の最優秀防御率にも輝いた。背番号を17に変えて臨む8年目の来季へ「技術的にはまだまだ。目標は15勝」と貪欲に言った。

 今季は新型コロナウイルス感染で開幕投手を断念したが、24試合に登板して13勝4敗、防御率2・05をマーク。「悔しいスタートだったが、それを取り返すために必死で頑張った」と胸を張った。

 来春のWBCでは代表入りが期待され「選ばれたら活躍して、日本の優勝に貢献したい」と意気盛んだった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。