オリ杉本は7200万円で更改 宗は2100万円増

※写真クリックで拡大表示します
契約更改交渉を終え、ポーズをとるオリックスの杉本=8日、大阪市
契約更改交渉を終え、ポーズをとるオリックスの杉本=8日、大阪市

 日本シリーズで最高殊勲選手に選出されたオリックスの杉本裕太郎外野手は8日、大阪市内の球団施設で契約交渉に臨み、200万円増の年俸7200万円で更改した。昨季の本塁打王は今季打率2割3分5厘、15本塁打、51打点と不振。「けがしない体をつくって全試合に出られるように頑張る」と抱負を述べた。

 宗佑磨内野手は、2100万円増の年俸7800万円でサイン。2年連続でゴールデングラブ賞とベストナインに選ばれた。「打率3割、2桁本塁打という目標に近づけるようにしていきたい」と飛躍を期した。

 T―岡田外野手は2300万円減の年俸7200万円で更改した。(金額は推定)

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。