風車のメンテナンスに使用するクレーン国産化 東光鉄工、岐阜のメーカーと協業

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
ダビットクレーンのイメージ図パネルと写真に納まる東光鉄工の菅原社長(左)と関ケ原製作所の矢橋社長
ダビットクレーンのイメージ図パネルと写真に納まる東光鉄工の菅原社長(左)と関ケ原製作所の矢橋社長

 鉄骨加工、産業機械製造の東光鉄工(秋田県大館市)は8日、岐阜県の機器メーカーと共同で洋上風力発電設備用小型クレーンを製造すると発表した。大館市内に新工場を建設し、生産体制を整備。2023年度中の製品化を目指す。洋上風力発電関連の設備や部材は大半が海外製で国産化が大きな課題となっていることを受け、2社で連携し、日本の海洋に適した製品の開発に取り組む。

 風車のメンテナンスに使用するダビットクレーンを製造する。クレーンは海底に打ち込んだ基礎くいと、風車の支柱をつなぐ部材「トランジションピース(TP)」に設置。約20メートル下の海上に止まる作業員輸送船(CTV)から風車補修に使う部材や工具をつり上げる。つり上げ能力は1~3トンを見込む。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース