サキホコレ登録面積増へ 23年度、前年から1.8倍に

会員向け記事

 秋田県は8日、2023年度に県新品種米「サキホコレ」を栽培する生産団体として県内15市町村の17団体を登録したと明らかにした。17団体の登録面積は、22年産比約1・8倍の計1349ヘクタール。販売量は約7700トンを見込む。県議会農林水産委員会で報告した。

 生産団体は地域の生産者と集荷業者で構成。生産から出荷までを一元管理し、高品質なコメの安定供給につなげようと、県や農業団体などでつくる「秋田米新品種ブランド化戦略本部」が登録した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース