25歳ルール念頭に3年契約 ヤクルト村上の夢、球団後押し

※写真クリックで拡大表示します
契約更改交渉で年俸6億円プラス出来高払いでサインし、笑顔で記者会見するプロ野球ヤクルトの村上宗隆=9日午後、東京都内(代表撮影)
契約更改交渉で年俸6億円プラス出来高払いでサインし、笑顔で記者会見するプロ野球ヤクルトの村上宗隆=9日午後、東京都内(代表撮影)

 ヤクルトの村上の3年契約は、今季終了後に意向を示した米大リーグ挑戦を球団が後押しする形で、9日結ばれた。

 22歳の村上がFA権を取得するのは早くても27年で、早期移籍にはポスティングシステムを利用する必要がある。現行の大リーグの労使協定では25歳未満のドラフト対象外の外国人選手とはマイナー契約しか結べず、年俸も低く抑えられるため、村上が25歳のシーズンで満了する契約で道筋をつくった。

 エンゼルス大谷の移籍を容認した日本ハムに入る譲渡金は少なくなった。ヤクルトは3年契約を結ぶことでこれ以上の年俸高騰を避けられ、年齢制限のない移籍で譲渡金の高騰も期待できる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。