山口と奈良岡準決勝へ、バドWT ファイナルの第3日

※写真クリックで拡大表示します
ワールドツアーファイナルの1次リーグ女子シングルスA組でプレーする山口茜=バンコク(AP=共同)
ワールドツアーファイナルの1次リーグ女子シングルスA組でプレーする山口茜=バンコク(AP=共同)

 バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル第3日は9日、バンコクで行われ、1次リーグの女子シングルスA組で世界選手権2連覇中の山口茜(再春館製薬所)がインドネシア選手に2―1で勝ち、2勝1敗で準決勝に進んだ。男子シングルスA組で奈良岡功大(IMG)が中国選手を2―0で下し、2勝1敗で4強入りした。

 男子ダブルスA組で昨年優勝の保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)が韓国ペアに0―2で屈し、1勝2敗で敗退した。(共同)

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。