難行苦行、車内に哀歓、揺られてアイデアも 没後30年の松本清張と鉄道150年(下)

連載:汐留鉄道倶楽部:
有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
JRの蒲田操車場。「砂の器」で殺人の現場となった。京浜東北線の車両がずらっと並ぶ様には迫力がある
JRの蒲田操車場。「砂の器」で殺人の現場となった。京浜東北線の車両がずらっと並ぶ様には迫力がある

 鉄道開業150年と作家松本清張没後30年にちなみ、清張の作品世界と鉄道との関係をたどる連載の後編は、代表作である「砂の器」や、映画化された「張込み」などを取り上げる。やはり登場人物たちは過酷な旅もいとわず、列車に乗って全国各地を駆け巡る。

 「私は少年の頃から未知の土地に憧れを持っていた」。こう振り返る清張は鉄道の旅を愛した。終戦直後、福岡・小倉で新聞社の広告部門に勤めていたが、インフレの中、給料だけでは生活が苦しい。食糧不足の折、新聞社は遠方に出かけて食糧を調達する「買い出し休暇」を認めていた。その休暇を使い、副業としてほうきの仲買を始めた。材料になる、わらや竹の仕入れと販売のため、広島や京都、大阪、九州では佐賀や大分に足を延ばす。著書「半生の記」で、その経験を回顧する清張の筆致はどこか楽しげだ。さまざまな土地を巡り歩いた蓄積が、後に作家活動に生かされることになる。

 映画化もされた「張込み」(1955年に雑誌掲載)は、こんな筋立てだ。東京で殺人を犯した男の行方を追う警視庁の刑事2人は、かつて男と恋仲にあった女が九州のS市(佐賀市を示唆)に住んでいると知り、男がこの女のもとに現れるのではないかと推測。今は別の男と結婚して暮らす女性宅向かいの旅館で張り込みをする―。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース