国際クルーズ船、来年3月受け入れ再開 秋田港への寄港予定

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
2019年4月に秋田港に寄港した「アザマラ・クエスト」。なまはげ太鼓の演奏で観光客を出迎えた
2019年4月に秋田港に寄港した「アザマラ・クエスト」。なまはげ太鼓の演奏で観光客を出迎えた

 秋田県は9日、新型コロナウイルスの影響で2019年10月から停止していた国際クルーズ船の受け入れを来年3月に再開する方針を示した。外国人客らの受け入れに関する感染症の予防・拡大防止対策の指針を改定し、関係機関と再開に向けた準備を進める。県議会建設委員会で報告した。

 県港湾空港課によると、3月22日にマルタ船籍の「アザマラ・クエスト」(定員690人)の秋田港への寄港が予定されている。このほか、国際クルーズ船が本県に立ち寄る旅行商品が今月9日時点で計19件造成されており、大型船の「MSCベリッシマ」や「ダイヤモンド・プリンセス」なども寄港する見通しだ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース