秋田県が空き家相談センターの開設断念 市町村ニーズと業務にずれ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
秋田県庁(資料写真)
秋田県庁(資料写真)

 秋田県は9日の県議会総務企画委員会で、空き家所有者らの相談にワンストップで対応する「空き家総合サポートセンター(仮称)」の開設を断念したと明らかにした。市町村が求める支援ニーズとセンターの業務に食い違いがあったことが要因。県議からは「本年度の目玉事業。市町村と話をしたら無理でしたというのはお粗末だ」と厳しい声が上がった。

 県によると、センターの業務は空き家の所有者や相続人からの相談対応。2024年1月の開設を目指していた。センターに寄せられた情報を基に、市町村や宅地建物取引業の団体、解体工事業協会などの専門家と連携し、空き家の活用や処分を円滑に進めることを想定していた。

 しかし、市町村がセンターの有効性を疑問視したという。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース