知られざる東海林太郎 没後50年:[後輩歌手・森光子]旅先で意外な一面を目撃

有料会員向け記事

東海林太郎(左)と森光子(東海林太郎音楽館所蔵)

 国民栄誉賞を受賞した女優森光子(1920~2012年)が歌手志望であったこと、彼女が東海林太郎の前座歌手をしていたことをご存じの方は少ないだろう。

 森が東海林と出会ったのは1941(昭和16)年ごろである。当時、東京の銀座にあった芸能事務所に所属していた森は、映画館のアトラクションなどで歌手の前座を務めていた。後年、その頃を振り返り「なかでも直立不動で歌う東海林太郎先生は際立った存在でした」と語っている。

 ◇  ◇

 1942(昭和17)年の春には東海林を団長に、タイヘイレコードの松平晃、司会者の西村小楽天らをメンバーとする慰問団が結成され、森も参加。朝鮮半島および満州各地の日本兵を慰問することとなった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース