防衛財源に所得税活用案 復興方式で負担増回避

 政府、与党が防衛力強化の財源として、東日本大震災後に導入した「復興特別所得税」の仕組みを使う案が浮上していることが9日、分かった。税負担を今よりも増やさず、この仕組みを転用するなどして財源を確保する。財源確保には法人税の増税が有力視されているが、これに加えて所得税やたばこ税、相続税も含めて幅広い税目の組み合わせも検討する。

 復興特別所得税は2011年の東日本大震災後に、復興予算を賄うため創設した時限的な増税措置。37年末まで所得税額に2・1%を上乗せする。

 自民、公明両党の税制調査会は9日、それぞれ、防衛力強化に向けた財源確保策の議論を開始した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。