米、追加支援375億円 砲弾や発電機

※写真クリックで拡大表示します
ウクライナで発射される高機動ロケット砲システム「ハイマース」(Pavlo Narozhnyy氏提供、ロイター=共同)
ウクライナで発射される高機動ロケット砲システム「ハイマース」(Pavlo Narozhnyy氏提供、ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米国防総省は9日、ロシアの侵攻を受けるウクライナに対し2億7500万ドル(約375億円)規模の追加軍事支援を発表した。高機動ロケット砲システム「ハイマース」用の追加砲弾や対無人機システムの装備、発電機約150台などを含む。

 国防総省は声明で「刻々と変わる戦場での需要に応じ、米国は同盟・友好国と協力して重要な戦力を提供し続ける」と強調した。

 米国の軍事支援は、ロシアによる2月の侵攻開始後、今回分を含めて計193億ドルを超えた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。