NY株反落、305ドル安 FRBの利上げ長期化警戒

※写真クリックで拡大表示します
ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=9日(ロイター=共同)
ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=9日(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日ぶりに反落し、前日比305・02ドル安の3万3476・46ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げ長期化への警戒感が根強く、売り注文が優勢となった。

 朝方発表された11月の米卸売物価指数の上昇率が市場予想より大きく、インフレ抑制のためにFRBが金融引き締めを長期間続けることへの懸念が強まった。原油先物相場が下落し、石油関連株が売られたことも相場を押し下げた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も反落し、77・38ポイント安の1万1004・62。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。