スノボ、岩渕や国武らが決勝進出 W杯ビッグエア予選

※写真クリックで拡大表示します
岩渕麗楽
岩渕麗楽

 スノーボードのワールドカップ(W杯)第2戦は9日、カナダのエドモントンでビッグエア予選が行われ、女子の開幕戦で優勝した岩渕麗楽(バートン)が80・75点のトップで10日の決勝に進んだ。村瀬心椛(ムラサキスポーツ)も68・25点の6位で決勝進出。

 男子では国武大晃(STANCER)が合計151・75点で予選2組1位、木俣椋真(ヤマゼンロックザキッズ)も158・25点で予選1組2位となり、決勝進出を決めた。予選1組5位の大塚健(バートン)と同9位の飛田流輝(ウィルレイズ)は準決勝に回った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。