金足農高生16人、自作浴衣で着付け学ぶ 礼儀作法も実践

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
帯の結び方を教わる生徒(手前右)ら
帯の結び方を教わる生徒(手前右)ら

 金足農業高校生活文化コースの3年生16人が17日、浴衣の着付けや風呂敷の使い方を学んだ。秋田市東通で着物の着付け教室を開いている大島幸子さん(74)ら4人を講師に迎え、同市の同校で着付けを教わった。

 生徒は昨年7月に家庭科被服製作技術検定1級の課題で制作した浴衣を持参。左の襟が上になるように浴衣を羽織ることや、うなじが見えるように襟の後ろの部分を引くといったポイントを押さえながら、着付けを進めた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース