地方点描:夢のような[大曲支局]

会員向け記事

 この時期、大仙市大曲地域では、梵天を載せたトラックが街を走り、そろいのはんてんを羽織った男衆たちが隊列を組んで歌う光景があちらこちらで見られる。数え年42の厄年に、大曲中学校の同窓生を中心につくる年代会が行う大曲の梵天である。

 1月上旬から諏訪神社に奉納する2月26日までの約2カ月間、地域の事業所など数百カ所を訪れ厄を払う。これを巡行と呼ぶ。一生に一度きり、そして長期にわたる過酷な巡行は、大曲の梵天の特徴を成している。今年は大曲昭和五十七年会が地域を回っている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

大曲支局長が大曲の梵天に参加し、伝統行事を内側から見つめました

秋田の最新ニュース