最強寒波で記録的低温、大雪続く 運転見合わせ、通勤影響

※写真クリックで拡大表示します
強い寒気の影響で、雪に覆われたJR京都駅周辺=25日午前7時50分(共同通信社ヘリから)
強い寒気の影響で、雪に覆われたJR京都駅周辺=25日午前7時50分(共同通信社ヘリから)

 日本列島は25日、この冬一番の強い寒気が流れ込み、各地で記録的な寒さとなり、北日本から西日本の日本海側で大雪となった。太平洋側の平地でも降雪の恐れがあり、気象庁は路面凍結による交通障害や暴風雪、高波に警戒を呼びかけた。鉄道各社が運転を見合わせ、通勤、通学の足に大きく影響した。

 気象庁によると、26日にかけて強い冬型の気圧配置が続き、全国的に強い風が吹き、海は大しけとなる見込み。

 熊本県甲佐町では、観測史上1位を更新する氷点下9・0度を観測するなど、全国的に記録的な低温となった。東京都心や大阪市、名古屋市でも氷点下だった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。