参議院議員辞職の水道橋博士、3ヶ月ぶりツイートで謝罪「心よりお詫びいたします」SNS復帰でリハビリ

※写真クリックで拡大表示します
水道橋博士(C)ORICON NewS inc.
水道橋博士(C)ORICON NewS inc.

 昨年の『第26回参議院選挙』でれいわ新選組から比例区に出馬して当選し、今月に体調不良のため辞職した水道橋博士(60)が25日、3ヶ月ぶりにツイッターを更新し「多くの人にご迷惑をおかけしました。心よりお詫びいたします」と謝罪した。

【全身ショット】お腹がふっくら?10キロ増を明かした水道橋博士

 博士は昨年7月の参議院選挙に立候補し、見事に当選。「本当に頑張るのは国会に行ってから。頑張りますよ。当選したのがゴールじゃない」と語り、「国会の爆弾男と言われたいですね」と意気込んでいた。

 しかし、10月にうつ病により休職することになり、今月16日に同党の山本太郎代表が「私たちとしては、博士が、回復するまで何年でも休職いただいて問題ない、という立場でしたが、本人が判断できる状況だということが医師から確認できたため、博士が今、1番望む方法を選ぶこととし、辞職を受け入れました」と辞職を発表した。

 博士は昨年10月21日以来のツイートで、辞職について謝罪し「SNS緩やかに解禁しリハビリにつとめたいと思います」と今後に向けて意欲を明かした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。