ミャンマーへ追加制裁発表 米、国軍幹部ら6人の資産凍結

※写真クリックで拡大表示します
ブリンケン米国務長官(ロイター=共同)
ブリンケン米国務長官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米政府は1月31日、ミャンマー国軍によるクーデターから2年に合わせ、ミャンマー国軍の幹部ら6人と選挙管理委員会など3団体を制裁対象に指定したと発表した。米国内に保有する資産を凍結する。

 ブリンケン国務長官はミャンマー国軍が罪のない多くの人を殺害したり拘束したりしてきたと非難し「責任を負わせ続ける」と強調した。

 財務省によると、国軍の最大の収入源となっている石油・天然ガスを扱う国営企業の幹部らも制裁対象に含めた。エネルギー部門の当局者や、鉱物関連の国営企業も対象とした。英国やカナダと協力して実施した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。