強殺未遂疑いで4人逮捕、広島 他4人関与、被害2000万円超

※写真クリックで拡大表示します
広島県警察本部=2020年11月
広島県警察本部=2020年11月

 昨年12月、広島市西区の時計買い取り店舗兼住宅で現金や高級腕時計が奪われ、住人の男性が意識不明となった事件で、広島県警は3日、強盗殺人未遂と住居侵入の疑いで、いずれも職業不詳の18~27歳の男4人を逮捕した。各地で強盗事件を起こしたグループが関与したとみて実態解明を進める。

 県警によると、被害額は現金250万円、腕時計など90点(時価2167万円相当)の計約2417万円に上る。計8人が事件に関与し、複数のレンタカーを使用した。

 事件は昨年12月21日午後7時半ごろ発生。広島市西区小河内町2丁目の店舗兼住宅に複数人が押し入り、現金などを奪ってレンタカーで逃走した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。