コロナ、医療機関への支援継続を 知事会、医師会が声明

 新型コロナウイルスの5類移行を巡り、全国知事会と日本医師会(日医)は8日、共同声明を公表した。移行後も一定のコロナ病床を確保する必要があるとして、政府に医療機関への支援継続を求めている。

 声明は、5類に移行しても感染は続くと見込まれ、国民や医療現場の混乱を招いてはならないと指摘。「コロナ病床は急激に減らすことなく十分な数を確保するべきだ」と訴え、医療機関への財政支援を続けるよう要望した。

 また地域によってコロナ対策に格差が出ないよう、自治体に対する財政支援の継続を要請。現在は無料となっている治療費は、他の病気と不公平にならない範囲で一定の公費負担を続けるべきだとした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。