賃上げ、子育て支援協議へ 自公国3党幹事長が合意

※写真クリックで拡大表示します
会談に臨む(左から)国民民主党の榛葉幹事長、自民党の茂木幹事長、公明党の石井幹事長=9日午後、国会
会談に臨む(左から)国民民主党の榛葉幹事長、自民党の茂木幹事長、公明党の石井幹事長=9日午後、国会

 自民党の茂木敏充、公明党の石井啓一、国民民主党の榛葉賀津也の3党幹事長は9日、国会内で会談し、賃上げ実現や子育て支援の具体策を検討するため、実務者協議の発足で合意した。来週にも初会合を開く。与党としては、燃油価格高騰対策などを協議した3党の枠組みを維持し、2022年度の予算に続き23年度予算案でも国民から賛成を得る思惑がある。

 会談後、茂木氏は党本部で記者団に「賃上げと子育て支援拡充は政府、自民党にとって最優先課題だ」と指摘。予算案の採決を巡り「国民には前向きに対応を検討していただきたい」と期待を寄せた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。