由利本荘の縫製業、賃金不払い疑い 本荘労基署が書類送検

有料記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県本荘労働基準監督署は20日、最低賃金法違反(賃金不払い)の疑いで、由利本荘市で縫製業を営んでいた70代女性と、工場長の70代男性を書類送検した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料のみ)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

関連ニュース

秋田の最新ニュース