ジャンボうさぎの「フェス」、飼育文化守る転機に 立ち上げに奔走した関係者の思い

連載:ジャンボうさぎは終わらない
有料会員向け記事

10・4キロのジャンボうさぎを抱く佐藤さん(1984年5月31日の秋田魁新報夕刊より)

 うわさは一気に地元を駆け巡った。

 「喜志治のウサギ、10キロ超えたど!」

 中仙町(現秋田県大仙市)の佐藤喜志治さん(故人)が飼うウサギの体重が大台に乗ったのは、1984年のことだった。生後17カ月の雌の「館桜号」。体重10・4キロ、体長58センチ。それまで、日本白色種秋田改良種は大きく育っても7キロほどとされていた。

 物心ついた頃からウサギを飼っていた佐藤さんは当時75歳。半世紀以上にわたり、改良に打ち込んできた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

連載企画:ジャンボうさぎは終わらない

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース