世界フィギュア、坂本が2連覇 日本勢初、韓国の李が2位

※写真クリックで拡大表示します
アイスダンスRD 演技する村元哉中(右)、高橋大輔組=さいたまスーパーアリーナ
アイスダンスRD 演技する村元哉中(右)、高橋大輔組=さいたまスーパーアリーナ

 フィギュアスケートの世界選手権第3日は24日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで行われ、女子はショートプログラム(SP)首位の坂本花織がフリー2位の145・37点をマークし、今季世界最高の合計224・61点で全種目を通じて日本勢初の2連覇を果たした。

 SP2位の李海仁(韓国)がフリー1位で合計220・94点の2位。SP3位で今季GPファイナル覇者の三原舞依は205・70点で5位だった。渡辺倫果は192・81点で10位。ウクライナ侵攻に伴う措置で、強豪ロシア勢は国際大会から除外されている。

 アイスダンスのリズムダンスで村元哉中、高橋大輔組は72・92点で11位につけた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。