秋田沖の島の数47→144 地図の精度大幅向上、国土地理院が調査

有料記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県沖の島の数は、47カ所ではなく144カ所―。国土地理院が公表した調査結果で全国の島の数が明らかになった。本県は、35年前に海上保安庁が公表した数の3倍超に増えたことになる。ただ、新たに島が出現したわけではなく、地図の精度が大幅に向上したことで正確な把握が可能となったためだ。

 今回公表された島の数は、全国で1万4125カ所。都道府県別の最多は長崎県の1479カ所で、北海道(1473カ所)、鹿児島県(1256カ所)と続く。本県は26番目だった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料のみ)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

関連ニュース

秋田の最新ニュース