大潟村にクマ、用水路脇をうろつく 今年2回目の目撃情報

 25日午後5時10分ごろ、大潟村字西野の用水路脇にクマがいるのを同村の40代女性が見つけ、村役場を通じて五城目署に届け出た。村内では21日に2017年以来となる目撃情報があり、今回が今年2回目。署によると、クマは体長約1メートル。用水路に架かる橋のたもとをうろつき、近くの茂みに姿を消した。現場は大潟富士の南西約4・5キロで、付近に民家はない。村と署は防災無線やパトロールで注意を呼びかけた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料のみ)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

関連ニュース

秋田の最新ニュース