同友会「年収の壁、見直しを」 意見書公表

※写真クリックで拡大表示します
記者会見する経済同友会の新浪剛史代表幹事=3日午後、東京都千代田区
記者会見する経済同友会の新浪剛史代表幹事=3日午後、東京都千代田区

 経済同友会は3日、配偶者に扶養される主婦やパート従業員らが社会保険料の負担を避けるため働く時間を抑える「年収の壁」に関する意見書を公表した。106万円や130万円の壁を見直して大きく引き下げ、主婦やパート従業員ら第3号被保険者が、自ら被用者として保険料を払って老後の厚生年金を得られる第2号被保険者への移行を促すべきだとした。

 意見書では、社会構造の多様化に対応するため複雑な制度ではなく簡素なものにし、働き方をゆがめない制度が必要だと指摘。新浪剛史代表幹事はこの日の定例記者会見で「多くの人が労働時間を調整せずに働けるようにしたい」と話した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料のみ)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。