東京→大仙移住の夫婦、古民家改修し飲食店開業

 東京から秋田県大仙市へ移住した夫婦が、古民家を改修した飲食店「高梨商店」をオープンさせた。店を営むのは山口県出身の松本さとりさん(35)と、旧仙北町出身の夫紘幸さん(37)。飲食店の枠を超え、幅広い世代の人が交流できる場所にしようと奮闘している。

 高梨商店は仙北地域にある築130年以上の古民家をリノベーションした木造平屋建て。高梨小学校の向かいにあり、店先に置かれたオレンジ色のキッチンカーが目印となっている。

※この記事は会員登録が必要です。

(全文 999 文字 / 残り 792 文字)
© 2021 Akita Sakigake Shimpo