クマ被害・出没

「クマ被害・出没」に関するニュース一覧です。

鹿角市議会、12月定例会を開会 「クマ捕獲過去最多」と市長報告

会員向け記事

 秋田県鹿角市議会は1日、12月定例会を開会。提出案件は23年度一般会計補正予算案、公共施設の指定管理者指定案など31件。会期は22日まで。

北斗星(12月2日付)

 「平野部に初雪が降るとクマは山へ帰る」。本県のクマ事情に詳しいNPO法人・日本ツキノワグマ研究所(広島県)の米田一彦理事長がこう話していた。最近の状況は、その言葉通りになりつつあるように見える

羽後町でのクマ目撃95件、昨年の4倍 町長が議会で報告

会員向け記事

 秋田県羽後町議会は30日、12月定例会を開会した。提出案件は23年度一般会計補正予算案など15件。このうち、職員給与条例改正案や工事請負契約締結案など5件と、議員提案の議員報酬条例改正案を可決した。…

秋田・大館市中心部のホテル敷地にクマ2頭 「山からこれだけ離れてるのに…」

会員向け記事

 30日午前6時45分ごろ、秋田県大館市大町のホテル敷地に体長約1メートルと約50センチのクマ2頭がいるのを宿泊客が発見した。ホテルは市役所本庁舎から西に約600メートルの市中心部にあり、付近には銀行…

秋田市新屋で車とクマ衝突 男性にけがなし、クマは立ち去る

 30日午前3時15分ごろ、秋田市新屋比内町の県道65号線で、同市の50代男性が運転する乗用車が体長約1メートルのクマと衝突した。男性にけがはなかった。

一晩で柿の実の大半消える、木にクマの爪痕 秋田市下浜の畑で食害か

 27日午前8時ごろ、秋田市下浜桂根字境川の畑で、柿の木から大半の実がなくなっているのに所有者の80代女性が気付き、秋田中央署に届け出た。木にはクマのものとみられる爪痕があり、署はクマによる食害とみて…

クマ対策焦点に、28日から12月県議会 知事発言巡る議論も注目

会員向け記事

 秋田県議会の12月議会があす28日から始まる。クマによる被害が相次ぐ中、県民の命や生活をどう守っていくのか、対策の在り方が議論の中心になるとみられる。秋田市が新たな整備地を示した新スタジアムや佐竹敬…

秋田県、クマ出没警報を1カ月延長 12月末まで

会員向け記事

 秋田県は24日、県内全域に発令中の「ツキノワグマ出没警報」を、12月末まで1カ月延長した。過去最多を更新し続けているクマの人身被害が収まらないため。5月11日の発令以降、延長は6度目となる。

クマ狩猟25日再開へ、秋田県 上限100→200頭に引き上げ

会員向け記事

 秋田県は24日、県猟友会などに自粛を要請していたクマ狩猟を25日から再開し、狩猟上限を100頭から200頭に引き上げることを決めた。県内でクマの出没や被害が止まらないことを受けた判断。秋田市の秋田地…

秋田市泉の民家、クマが柿を食い荒らす? 現場にふんや爪痕

会員向け記事

 秋田市で23日、クマによる食害が相次いだ。

小屋の戸開けて干し柿食べた? 秋田市でクマの食害相次ぐ

会員向け記事

 秋田市で22日、クマによるとみられる食害が相次いだ。

秋田道で乗用車とクマ衝突、大仙市南外

会員向け記事

 21日午後9時ごろ、秋田県大仙市南外字小出の秋田自動車道下り線で、秋田市の50代男性が運転する乗用車が体長約80センチのクマと衝突した。男性にけがはなかった。

クマに襲われ80代男性がけが、秋田市濁川 今年の県内人身被害70人に

会員向け記事

 22日午前5時50分ごろ、秋田市濁川字蟹子沢の市道で、散歩中の近所の男性(81)が体長約1・5メートルのクマに襲われ、鼻骨骨折や頭部裂傷などの重傷を負った。今年の県内のクマによる人身被害は62件70…

クマ対策強化を要望、秋田県内の市町村議会議長 知事と行政懇談会

会員向け記事

 秋田県内の市町村議会議長と佐竹敬久知事との行政懇談会が21日、秋田市の県市町村会館で開かれ、議長側はクマの人身被害対策の強化を要望した。記録的大雨を受けた河川改修や地域医療の充実も訴えた。

クマか、また蜂蜜食べられる 秋田市浜田で2日連続の被害

会員向け記事

 21日午前9時半ごろ、秋田市浜田字館ノ前の草地で、養蜂箱が壊されて中の蜂蜜が食べられているのを所有者の60代男性が発見した。クマによる食害とみられ、同所では2日連続。

秋田県、クマ狩猟再開提案へ 狩猟頭数上限引き上げ対応

会員向け記事

 佐竹敬久知事は21日の記者会見で、秋田県猟友会などに自粛を要請したクマの狩猟を再開する方針を明らかにした。100頭としていた狩猟頭数の上限を引き上げて対応する考え。狩猟自粛を要請したばかりだったが、…

クマ対策、猟友会員への慰労金7千円 秋田県補正予算案、麻酔銃を新たに購入

会員向け記事

 秋田県は21日、クマ被害対策費2470万円を盛り込んだ2023年度一般会計補正予算案を発表した。猟友会員に慰労金を支給するほか、クマの駆除に使う麻酔銃を新たに購入する。予算案は総額3億4858万円で…

大館市でクマ過去最多205頭捕獲 独自の慰労金支給へ

会員向け記事

 秋田県大館市議会は20日、12月定例会を開会。提出案件は23年度一般会計補正予算案など22件。市はクマの捕獲数が過去最多の205頭(11月14日現在)に上っているとし、対策費を追加する方針を示した。…

人里でのクマ警戒いつまで? 広がる生息域、対策重要 識者に聞く(5)

会員向け記事

 東北地方のクマは通常、11月末ごろから冬眠に入る。しかし今年はその時期が遅れ、人里への出没が続くと識者はにらむ。さらには、来年以降もこの異常出没が続くとの見方もある。

市街地でのクマ対策、住民の安全を最優先に 平時から関係機関連携を 識者に聞く…

会員向け記事

 秋田県内で今年、これまでクマが出没したことがなかった市街地で目撃が相次ぎ、人身被害も発生している。10月9日には秋田市新屋の県警運転免許センター近くの住宅街で、男女4人が襲われ負傷。同19日には北秋…