若者のミカタ:子育てしやすい街

「若者のミカタ:子育てしやすい街」に関するニュース一覧です。

子育てしやすい街・兵庫県明石市(下) 泉房穂市長インタビュー

有料会員向け記事

 兵庫県明石市を子育て世帯が集う街にした立役者は、2011年に初当選した泉房穂市長(59)だ。「子どもを核としたまちづくり」「全ての人に優しいまちづくり」を掲げて施策を進めてきた。市政への思いを聞いた…

子育てしやすい街・兵庫県明石市(中) 生活や学習、支援手厚く

有料会員向け記事

 「チヂミおいしいよ。お代わりする子は?」「僕食べたい」「私も」―。

子育てしやすい街・兵庫県明石市(上) 施策充実、転入者続々と

有料会員向け記事

 「人口9年連続増加」「2021年全国戻りたい街ランキング第1位」―。瀬戸内海に面し、淡路島を望む兵庫県明石市は近年、人口が増え続ける市として全国から注目を浴びている。12年に29万人だった人口は21…

子育てしやすい街・岡山県奈義町(下) 奥正親町長インタビュー

有料会員向け記事

 岡山県奈義町がさまざまな子育て支援策を展開したのは、2002年に市町村合併をせず単独町制を選択したことが契機だった。12年には「子育て応援宣言」を掲げ、取り組みを加速。奥正親町長(63)に施策のポイ…

子育てしやすい街・岡山県奈義町(中) 就労や定住支援も奏功

有料会員向け記事

 1人の女性が一生の間に産む子どもの推定人数「合計特殊出生率」が大きく向上し、2019年は全国トップクラスの2・95に上って「奇跡の町」とも呼ばれる岡山県奈義町。子育て支援だけでなく、就労支援や若者定…

子育てしやすい街・岡山県奈義町(上) 地域ぐるみが「安心」生む

有料会員向け記事

 人口減少が進む中、全国各地を見渡せば、独自の施策で光明を見いだす自治体もある。子どもを産み、育てやすい街として知られる岡山県奈義町と、兵庫県明石市を記者が訪ねた。各3回続き。