時代を語る・西木正明(3)空襲避け冬の秋田へ