時代を語る・西木正明(6)山の師匠は鉄砲撃ち