時代を語る・西木正明(9)テントウムシが水没