時代を語る・千田宏二(10)平鹿ブランドを確立