短歌と暮らす:空き家を詠む 喜びに出合えた瞬間