働く世代の負担、日本が世界一 国連統計、少子高齢化が影響

世界の潜在扶養率