時代を語る・舘岡誠二(30)句で祈りをささげる