時代を語る・安藤恭子(12)仕事は銀行との交渉