「相手を大きく見過ぎ」 能代松陽、一回の攻防で明暗