時代を語る・明石康(5)兄の友人と故郷立つ