NIEニュース > 2019年度

新聞読み視野広げよう 大館東中、感想つづり発表

新聞を広げ、熱心に記事を読む生徒



 大館市の大館東中学校(小林寿校長、388人)は17日、朝の授業前に、新聞を読んで感想をまとめる取り組みを始めた。新聞で視野を広げ、思考力や表現力を高める狙い。全校生徒が当日の秋田魁新報に約15分間目を通し、関心を持った記事の感想を5分ほどでまとめ、読み上げた。来月まであと6回行う。

 2年A組では、学校のいじめ対策の記事に着目した生徒が「いじめている人だけでなく、『傍観者』も当事者意識を持たなくてはいけないと改めて感じた」と発表。消費増税の記事を取り上げた生徒は「店内飲食と持ち帰りで税率が違うのは分かりづらい。改善してほしい」と主張した。

 片岡将武さん(2年)は「新聞は普段あまり手に取らないが、面白かった。これを機に読んでみたい」と話した。

(2019/12/18 秋田魁新報掲載)