B1の壁 ハピネッツ2部降格

 昨年9月から男子プロバスケットボールBリーグの最高峰・1部(B1)で戦ってきた秋田ノーザンハピネッツは今季、レギュラーシーズンで東地区6チーム中5位、リーグ総合では18チームのうち16位に終わった。B1残留プレーオフにも敗れ、来季の2部(B2)降格が決まった。B1の厚い壁に阻まれ、苦悩が続いたハピネッツの今季を振り返り、B2に舞台を移す来季に向けた課題を探る。

    • 該当する記事がありません