平成大嘗祭の裏側

 昭和から平成への代替わりに際して行われた大嘗祭(だいじょうさい)は、県民の記憶に刻まれる歴史的な儀式だった。神前に供える新米を刈り取る東西2県に選ばれた後、関係者の間でどんな動きがあったのか。証言や日記から探る。