映画ロケを追いかけて 南秋・潟上・男鹿

 秋田市出身の成田洋一監督(58)の初映画作品「光を追いかけて」が、井川町を中心に潟上、男鹿、五城目、大潟の計5市町村で先月10日から27日まで撮影された。農村部や旧小学校舎のほか、市街地の一角などがロケ地となり、連日昼夜を問わず撮影が進められた。キャスト・スタッフ総勢約50人が東京などから来県したロケ現場の様子を紹介する。