外国人と働く 県内縫製業の現場

 新たな在留資格を設け、外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管難民法が4月に施行され、県内でも外国人材の活用が注目され始めた。現在、県内で働く外国人労働者の約半数を占めるのが、国の技能実習制度を活用して迎えた人材だ。技能実習生を長く受け入れてきた縫製業者の現場から、外国人労働の実情と課題を追った。