海風の行方 どうなる本県沖洋上風力

 洋上風力発電施設を優先的に整備する「促進区域」の指定に向け、「能代市、三種町、男鹿市沖」と「由利本荘市沖」が先月30日、国から「有望区域」に選ばれた。ともに民間事業者が事業計画を公表した海域だ。沿岸地域では活性化につながるとの期待の一方、健康や景観への影響を懸念して反対する声もある。能代、由利本荘両市の首長らは先月、欧州の先進地を訪れ、情報を収集した。欧州の事情や県内の動きを紹介する。