つながる力 社会減と向き合う

 地方の人口減の理由の一つは都市部への人の転出にある。入ってきた人より、出て行った人の数が多い現象は「社会減」といわれ、秋田県では毎年4千人に上る。戦後一貫して続く社会減は、人材を供給する地方と人をのみ込む都市の構図を物語っている。だが、古里を離れた人たちと故郷の人、企業、行政などがもっとつながりを強めれば、新たな展望も見えてくる。

第2部・集うことから

 若い人たちを中心に、県外に出た秋田県出身者がグループをつくり、古里の課題解決について考えたり、実際に行動したりしている。連載「つながる力~社会減と向き合う」の第2部は、こうした人たちの取り組みに焦点を当てる。

首都圏県人会アンケート

 秋田魁新報社の首都圏県人会関係者アンケートで、県出身者らは古里ともっと関わるための課題として「移動・滞在費」や「時間的余裕」などを挙げた。さまざまな仕事を通じて専門知識やノウハウを培っていたり、首都圏で古里のPRを手伝いたかったりする県出身者らもいる。アンケートの記述や声を拾い、つながりを深めるヒントを探る。